最後に編集されたのは 管理者
18.12.2020 | 歴史

横歩取りハメ手裏定跡

  • 20 読みたい
  • 62 現在読んでいるもの

発行元 長岡裕也 .

    Download 横歩取りハメ手裏定跡 本 Epub や Pdf 無料, 横歩取りハメ手裏定跡, オンラインで書籍をダウンロードする 横歩取りハメ手裏定跡 無料で, 本の無料読書 横歩取りハメ手裏定跡オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 横歩取りハメ手裏定跡 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  飯島 栄治
    • 発売日:  2016年02月16日
    • 出版社:  マイナビ出版
    • 商品番号:  5700000001697
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    **※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    ※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。**


    横歩取り裏定跡研究最終章


    本書は飯島栄治七段による将棋世界の人気連載「今日から指せる! 横歩取り裏定跡の研究」に加筆し、再編集した一冊です。先手が▲3四飛と横歩を取ったときに、△4一玉と寄るハメ手満載の「△4一玉戦法」と現代横歩取りの主流となっている△3三角戦法における「なんでも△2四飛戦法」を深く、丁寧に解説しています。


    △4一玉戦法は古くは江戸時代から伝わる戦法。序盤から大駒が飛び交う激しい展開で相手が正しく応接しないと一遍に勝勢になります。しかも底が深い戦法で、プロの公式戦でも現れており、相手が正しく応接したとしても互角の戦いに持っていくことができます。なんでも△2四飛戦法も同じように序盤から大駒交換歓迎の激しい戦いで、簡単に勝ちになる変化も多く存在します。奇襲というワクを超え、現在プロ間で主流となっている指し方ですので、きちんと勉強すればどんな相手にも互角以上の戦いができるでしょう。


    飯島七段の横歩取り講座はこれまでに「横歩取り超急戦のすべて」「研究で勝つ!相横歩取りのすべて」と2冊出ていますが、これらは先手に正しく応接されると悪くなってしまうという弱点がありました。しかし本書で解説されている二つの戦法は先手が正しく対応してやっと互角。本書の内容をマスターしてどちらかの戦法を自分のものにできればまさに「今日から使える」即戦力になるはずです。

あなたも好きかもしれません

横歩取りハメ手裏定跡 by 長岡裕也 ダウンロード PDF EPUB F2