最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後 (中公新書ラクレ)

  • 19 読みたい
  • 81 現在読んでいるもの

発行元 清武英利 .

    Download 世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後 (中公新書ラクレ) 本 Epub や Pdf 無料, 世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後 (中公新書ラクレ), オンラインで書籍をダウンロードする 世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後 (中公新書ラクレ) 無料で, 本の無料読書 世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後 (中公新書ラクレ)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後 (中公新書ラクレ) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  澤宮優
    • レーベル:  中公新書ラクレ
    • シリーズ名:  世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後
    • 発売日:  2020年08月14日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4910000104839
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    北京五輪の野球日本代表となったG.G.佐藤。今も語り継がれる高校野球星陵・箕島戦の星陵一塁手加藤直樹。最終戦で敗れ、巨人のV9を阻止できなかった阪神の池田純一中堅手。彼らは、大事な試合で大きなミスを犯したとして、ファンやマスコミから非難を浴び、人生が暗転した。理不尽なバッシングとどう戦い、そして立ち直ったのか。「落球」の烙印を背負った男たちの「その後」を辿るスポーツノンフィクション。


    目次

    第一章

    また落球する運命でももう一度五輪に出たいです

    G.G.佐藤

    2008年8月23日 五棵松野球場(北京)

    北京五輪3位決定戦 米国×日本


    第二章

    野球の神様はなぜ俺をあの場面で転倒させたのか

    加藤直樹

    1979年8月16日 甲子園球場

    全国高校野球大会3回戦 箕島×星陵


    第三章

    「これが私の人生です」30年後に見つけた答え

    池田純一

    1973年8月5日 甲子園球場

    セ・リーグ 阪神×巨人


    第四章

    ミスのあとの人生をどう生きるか

あなたも好きかもしれません

世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後 (中公新書ラクレ) by 清武英利 ダウンロード PDF EPUB F2