最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

半七捕物帳 30 あま酒売

  • 78 読みたい
  • 70 現在読んでいるもの

発行元 岡本綺堂 .

    Download 半七捕物帳 30 あま酒売 本 Epub や Pdf 無料, 半七捕物帳 30 あま酒売, オンラインで書籍をダウンロードする 半七捕物帳 30 あま酒売 無料で, 本の無料読書 半七捕物帳 30 あま酒売オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 半七捕物帳 30 あま酒売 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  岡本綺堂
    • 発売日:  2014年06月05日
    • 出版社:  ゴマブックス株式会社
    • 商品番号:  4840000002162
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    安政四年の正月から三月にかけて不可思議な噂が江戸に広まる。

    毎日、暮れ六ツ、いわゆる「逢魔が時」の頃に、ひとりのお婆さんがどこからか出てきて、甘酒を売り歩いていた。

    ただ、このお婆さんに近づくと、病気にかかり、蛇がのたくるように蒲団の上を這いまわり、ひどいときには死んでしまう、との噂が立つ。

    その噂が徐々にひどくなり、半七たちも無視できずに調べ始める。

    そして、半七は、そのお婆さんが、河内屋という質屋をのぞいていたとの情報を得る……。

    早速、その河内屋を訪れた半七だったが……。

あなたも好きかもしれません

半七捕物帳 三十 あま酒売 by 岡本綺堂 ダウンロード PDF EPUB F2