最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

インテリジェンス入門 英仏日の情報活動、その創造の瞬間

  • 33 読みたい
  • 75 現在読んでいるもの

発行元 江崎道朗 .

    Download インテリジェンス入門 英仏日の情報活動、その創造の瞬間 本 Epub や Pdf 無料, インテリジェンス入門 英仏日の情報活動、その創造の瞬間, オンラインで書籍をダウンロードする インテリジェンス入門 英仏日の情報活動、その創造の瞬間 無料で, 本の無料読書 インテリジェンス入門 英仏日の情報活動、その創造の瞬間オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 インテリジェンス入門 英仏日の情報活動、その創造の瞬間 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  柏原竜一
    • 発売日:  2018年08月31日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000009126
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    本書は、情報機関を最初から考えてみたいという人のための導入として執筆されている。事前の知識がなくても理解でき、理論的なアプローチへの導入にもなるのが、歴史的アプローチ。まずは歴史から入るというのが本書での狙いである。19世紀後半、列強各国に近代的なインテリジェンス機構が誕生した時代。インテリジェンスには、何よりも国民性が色濃く反映している。その誕生の瞬間において、インテリジェンスにおける国民性は、忘れ得ぬ輝きを見せるのである。インテリジェンスを歴史的な産物と捉えるなら、この時代はまさしく各国の情報機関にとっての青春時代である。青春期ゆえの過ち、あるいは成功がその次の時代にも大きな影響を及ぼしている。この青春時代を追体験すること、これが本書の目的である。いち早く諜報活動体制を確立したフランス。実は意外なほど低調だったイギリス。決して情報収集が苦手ではなかった日本。源流から見た画期的な分析! 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

インテリジェンス入門 英仏日の情報活動、その創造の瞬間 by 江崎道朗 ダウンロード PDF EPUB F2