最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

殺人出産 (講談社文庫)

  • 71 読みたい
  • 66 現在読んでいるもの

発行元 村田 沙耶香 .

    Download 殺人出産 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 殺人出産 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 殺人出産 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 殺人出産 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 殺人出産 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  村田沙耶香
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  殺人出産
    • 発売日:  2016年08月12日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000031236
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい──。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。育子の職場でも、またひとり「産み人」となり、人々の賞賛を浴びていた。素晴らしい行為をたたえながらも、どこか複雑な思いを抱く育子。それは、彼女が抱える、人には言えないある秘密のせいなのかもしれない……。

あなたも好きかもしれません

殺人出産 (講談社文庫) by 村田 沙耶香 ダウンロード PDF EPUB F2

コンビニ人間より、個人的にはこちらのが面白かった。
著者の、他の作品も読んでみようと思った本になりました。
ちょっと怖さも感じるのが良いのかも。
「コンビニ人間」は面白かったので、同じ作家の作品として読んでみた。
本書では、人間の社会で「当たり前」とされていることに敢えて疑問を投げ掛け、それが「当たり前」でなくなった社会が描かれている。その姿勢自体は評価できると思うが、内容に関しては、生物としての人間、動物としての人間を否定しているようで、不自然だし、とても好きになれない。
普通の私にとっては気持ちの悪い作品でした。