最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

日本猟奇・残酷事件簿 (扶桑社文庫)

  • 50 読みたい
  • 5 現在読んでいるもの

発行元 犯罪事件研究倶楽部 .

    Download 日本猟奇・残酷事件簿 (扶桑社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 日本猟奇・残酷事件簿 (扶桑社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 日本猟奇・残酷事件簿 (扶桑社文庫) 無料で, 本の無料読書 日本猟奇・残酷事件簿 (扶桑社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 日本猟奇・残酷事件簿 (扶桑社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  合田一道, 犯罪史研究会
    • レーベル:  扶桑社BOOKS文庫
    • シリーズ名:  日本猟奇・残酷事件簿
    • 発売日:  2012年12月19日
    • 出版社:  扶桑社
    • 商品番号:  4911139590001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    明治5年、歌舞伎役者との“不義密通”を重ねたうえに、主人を毒殺して世間を騒がせた「毒婦夜嵐おきぬ」事件、大正6年に発生した夫婦間でのサディズム・マゾヒズム殺人、昭和11年に起こり、現在でも語り継がれる阿部定事件、その1年前の昭和10年には、母親が娘と共謀して息子を殺すという日本で最初の保険金殺人が発生ー。明治から昭和にかけて起こった凄惨でむごたらしい事件の背景には、近代日本の世相が反映していた。

あなたも好きかもしれません

日本猟奇・残酷事件簿 (扶桑社BOOKS文庫) by 犯罪事件研究倶楽部 ダウンロード PDF EPUB F2