最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

人情刑事・道原伝吉 松本-鹿児島殺人連鎖 (徳間文庫)

  • 81 読みたい
  • 31 現在読んでいるもの

発行元 梓林太郎 .

    Download 人情刑事・道原伝吉 松本-鹿児島殺人連鎖 (徳間文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 人情刑事・道原伝吉 松本-鹿児島殺人連鎖 (徳間文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 人情刑事・道原伝吉 松本-鹿児島殺人連鎖 (徳間文庫) 無料で, 本の無料読書 人情刑事・道原伝吉 松本-鹿児島殺人連鎖 (徳間文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 人情刑事・道原伝吉 松本-鹿児島殺人連鎖 (徳間文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  梓林太郎
    • レーベル:  徳間文庫
    • シリーズ名:  人情刑事・道原伝吉
    • 発売日:  2020年03月06日
    • 出版社:  徳間書店
    • 商品番号:  4910000010594
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    連続殺人、放火……

    脅迫犯を追って、人情刑事、薩摩路を駆ける!


    松本市内の繁華街で、地元の不動産会社社長の船田慎士が刺殺された。

    いつも持ち歩いていた数百万円の現金がなくなっていたことから物盗りの犯行と思われた。

    十日後、やはり松本市内で、ホステス・三池かなえの刺殺体が発見された。

    捜査の結果、被害者の二人のみならず、参考人として事情を聴いた金武咲人までも鹿児島出身者であることが判明。

    長野県警松本署の刑事・道原伝吉は鹿児島に飛んだ!

    次々と明らかにされる関係者の予想外の過去…。


    第一章 寂しき被害者

    第二章 鬼日

    第三章 鹿児島捜査行

    第四章 山の名前

    第五章 天文館

    第六章 黒い服

    第七章 底のない夜

あなたも好きかもしれません

人情刑事・道原伝吉 松本-鹿児島殺人連鎖 (徳間文庫) by 梓林太郎 ダウンロード PDF EPUB F2