最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

マリオネットの罠 (文春文庫)

  • 70 読みたい
  • 71 現在読んでいるもの

発行元 殊能将之 .

    Download マリオネットの罠 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, マリオネットの罠 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする マリオネットの罠 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 マリオネットの罠 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 マリオネットの罠 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  赤川次郎
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2014年05月28日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000000870
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    フランス留学から帰国した上田修一は、恩師の紹介でフランス語の家庭教師の口を得る。3カ月間住み込みで報酬は100万円、教える相手は広大な敷地に洋館を構える峯岸家の美人姉妹だ。ある日修一は洋館の地下にある牢獄を見つけ、幽閉されている3女・雅子と出会う。ガラスのように脆い神経をもった美少女を助けだそうとするが、それは新たなる連続殺人の始まりだった! 息もつかせぬストーリー展開で、日本ミステリ史上に燦然と輝く赤川次郎の処女長篇。

あなたも好きかもしれません

マリオネットの罠  (文春文庫) by 殊能将之 ダウンロード PDF EPUB F2

ラジオでタレントが薦めていたので購入し読んでみました。内容は、連続殺人を行う女が中心で、その謎を追う大学教員や刑事達が話を進めていきます。最後の章で殺人を行う原因が分かりますが、ラストで大逆転劇が行われます。是非とも読んでほしい1冊です。
赤川次郎さんの作品を読み過ぎたせいか
大体パターンが読めてしまい、ここ最近の作品は
今一つでしたが、こちらは最初の頃の作品
と言う事で楽しめました。
ただ一つ残念だったのは、レビューを読んで
あらかたの予想が付いてしまったので
レビューはあまり読み過ぎてはダメだなと思いました。