最後に編集されたのは 管理者
15.01.2021 | 歴史

Dの殺人事件、まことに恐ろしきは (角川文庫)

  • 21 読みたい
  • 24 現在読んでいるもの

発行元 歌野晶午 .

    Download Dの殺人事件、まことに恐ろしきは (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, Dの殺人事件、まことに恐ろしきは (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする Dの殺人事件、まことに恐ろしきは (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 Dの殺人事件、まことに恐ろしきは (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 Dの殺人事件、まことに恐ろしきは (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  歌野 晶午
    • レーベル:  角川文庫
    • 発売日:  2019年12月24日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4339196700300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    歌野晶午×江戸川乱歩ーー貴方を「非日常の興奮」に導く、超ミステリが誕生!カメラマンの「私」が渋谷の道玄坂で出会い、交流するようになったのは、賢いが生意気な少年・聖也。その日も私は道玄坂のダイニングバーで聖也と話していたが、向いの薬局の様子がおかしい。駆けつけた私たちが発見したのは、カーペットの上に倒れた、上半身裸の女性だった。その後、私と聖也は事件を探り始める。しかし、私はあることに気がついてしまい、元の世界には戻れなくなっていたーー(表題作)。長崎港を訪れた「私」は、ビデオ通話で恋人に風景を見せながら旅する奇妙な男と出会う。男に誘われた路面電車での観光の車中、「私」はその恋人が、人気アイドルのヴィーナスだと明かされる。だが、2人の馴れ初めを語る男の話には、明らかにおかしな点があり……(「スマホと旅する男」)。「人間椅子」「押絵と旅する男」「D坂の殺人事件」「お勢登場」「赤い部屋」「陰獣」「人でなしの恋」「二銭銅貨」……本格ミステリ界随一の騙しの達人が、江戸川乱歩の名作群を最先端テクノロジーでアップデートした、驚愕の翻案ミステリ短編集!

あなたも好きかもしれません

Dの殺人事件、まことに恐ろしきは (角川文庫) by 歌野晶午 ダウンロード PDF EPUB F2