最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?

  • 79 読みたい
  • 13 現在読んでいるもの

発行元 服部 桂 .

    Download テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか? 本 Epub や Pdf 無料, テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?, オンラインで書籍をダウンロードする テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか? 無料で, 本の無料読書 テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか? 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ケヴィン・ケリー
    • 訳者:  服部桂
    • シリーズ名:  テクニウムーーテクノロジーはどこへ向かうのか?
    • 発売日:  2018年03月30日
    • 出版社:  みすず書房
    • 商品番号:  4915083170001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「テクノロジーの中を流れる力はただのぼんやりした情報に過ぎないのか。その力は自然なのか非自然なのか。テクノロジーはどういう意味で自然と異なるのか。テクノロジーは人間の知性から出てきたものであることは明らかだが、われわれの知性とどう違うのか」(本文より)人類は石器からコンピューターに至るまで、さまざまなテクノロジーを生み出してきた。これらに通底する普遍的な法則、そしてテクノロジーの本質とは、いったい何なのだろうか?現代のテクノロジーが向かう情報化、非物質化への流れを踏まえつつ、生命における生態系と同等なものとして、テクノロジーの活動空間を〈テクニウム〉と定義し、そこでのテクノロジーの振る舞いを、複雑性、多様性、自由、美、感受性、構造性、遍在性などの概念で読み解いていく。雑誌『Wired』の創刊編集長であり、毎月50万人のユニークユーザーを持つサイト Cool Tools も運営する著者が贈る、テクノロジー版〈種の起源〉。

あなたも好きかもしれません

テクニウムーーテクノロジーはどこへ向かうのか? by 服部 桂 ダウンロード PDF EPUB F2